株式会社 四八

ビニールカバー・ビニールワッペン・ビニール製品、同人グッズの四八/カードケース、カードホルダー、ブックカバーなどビニール加工したオリジナルグッズの製造

営業品目

ビニール製品、PP製品及びオレフィン系製品の企画・製造販売

●取扱品目
メディアホルダー・パッケージ
ビニールケース・バッグ・ポーチ
ビニールワッペン・同人グッズ
ビニールカードホルダー
ビニールカバー・カードケース
キャラクターグッズ
携帯ストラップ・液晶クリーナー
車検証ファイル・保険証ファイル
ブックカバー・ノートカバー
手帳カバー
各種バインダー・ファイル
各種ディスプレー・POP
クリアファイル・ポケットファイル
カルテホルダー
レントゲンホルダー
天チャックケース・ファスナーケース
PPバック・PPブックケース
リングノート・システム手帳

 

四八ブログ
地域活動等について、ご報告していきます。

キャスコ製品のお問合わせについては、キャスコブログまたはキャスコお客様相談室(03-5626-5268)へ直接御連絡をお願い致します。

 

HOME»  印刷について

印刷について

3種類の印刷方法

四八ではビニール加工の際に、3種類の印刷方法をお選びいただくことができます。商品の形状や用途によって最適な印刷方法は変わりますので、各印刷方法の違い・特徴を押さえておきましょう。

●シルクスクリーン印刷
●箔押し印刷
●オフセット印刷

 

  3種類の印刷方法

 

多色印刷のシルクスクリーン印刷(シルク印刷)

■シルクスクリーン印刷(シルク印刷)とは?
シルクスクリーン印刷は、木枠にシルクを貼って、印刷に不要な個所を乳剤で固めたシルクのスクリーンにインクをのせ、スキージ(ゴムベラ)で擦る工程でインクを転写する印刷の方法で孔版(こうはん)印刷の一種です。
シルク印刷・シルクプリントという名の通りシルクを用いて作られていましたが、現在ではシルクは使用せず、インクの通りが良いように開発されたナイ ロン、テトロンなどの繊維、ステンレスの針金などを使用しています。そのため最近ではシルクという言葉を使わず、単純に「スクリーン印刷」と呼ぶように なってきています(シルクスクリーンプリントも、スクリーンプリントも同じものです)。

  多色印刷のシルクスクリーン印刷(シルク印刷)

 

■シルクスクリーン印刷(シルク印刷)の特徴
シルクスクリーン印刷での印刷は、いくつかの特徴があります。
1.厚盛りによる鮮やかな色彩
インク層を厚く盛りあげることが可能なため、インクの隠蔽力が高く、下地の色を他の印刷方法よりも受けにくいという特徴があります。
鮮やかに色彩を表現することが出来るので、よりイメージに近い印刷が可能となります。
2. 印刷物を選ばない汎用性
印刷物に対しインクを乗せるという手法を取る為、紙以外にも、布・ガラス・プラスチック・金属等、ほとんどどのような素材にも
印刷ができます。また、平面ばかりではなく、瓶やコップのような曲線を描くものから、さらには曲面にも印刷が可能です。
3. 豊富な色の種類による多色印刷
シルクスクリーン印刷では、紙以外の素材の印刷にも対応したインク(油性・水性・粉性など)を豊富に取り揃えているため、微妙な色の表現も可能です。

■シルクスクリーンプリントのオリジナルグッズを作成するなら四八へ!

四八ではシルクスクリーン印刷の他にオフセット印刷、箔押し印刷の合わせて3種類の印刷方法を駆使してビニール素材の
オリジナル製品、同人グッズを作成・ 印刷致します。制作したい商品にどのような印刷が適しているのかわからないという
お客様はお気軽にご相談ください。印刷のエキスパートがお伺いいたします。

 

高級感あふれる箔押し印刷

■箔押し印刷とは?
箔押し印刷とは金箔・銀箔などの色箔の文字や絵柄を印刷加工する特殊印刷です。100度を超える熱と何トンもの圧力を加えて印刷物に金箔・銀箔のイラスト・ロゴ・文字をすることから「ホットスタンプ」とも呼ばれています。
印刷できる素材も紙だけでなく、プラスチックや皮、木材など様々なものに対応しており、印刷機を通せないようなものにもよく使われます。
印刷物に光ることでの美しさの強調ポイントとして、メタリックな光沢感を表現でき、また印刷がはげにくく、仕上がりも美しいので普通の印刷よりも目立たせ たり、高級感を持たせることが可能です。優れた技術を持つ職人が1枚1枚丁寧に手押しで印刷していくため価格も高く、高級印刷になります。

  高級感あふれる箔押し印刷

 

■どのような製品で箔押し印刷(金箔プリント)ができるか
インクにはない光沢性がある独特の高級感から、結婚式の招待状、席次表、座礼などのブライダルペーパーアイテムとして、または豪華な本の装丁、化粧 品のパッケージ、大切な人へのギフト商品やプレゼントなど長く残しておきたいもの、大事に取っておきたいものによく利用されます。
最近では、大事な商談のための名刺や企画書を入れるクリアファイル等にも用いられるようになってきました。

■小ロッドから箔押し印刷(金箔プリント)のオリジナルグッズを作成します
四八では独自のネットワークと専門工場を使用することにより高級印刷の箔押し印刷も小ロッドから低価格でご提供いたします。お客様のニーズに合わせて製品の企画、開発を行いますのでまずはお気軽にお問い合わせください。

 

オフセット印刷

■オフセット印刷の特徴(原理)
オフセット印刷とは版から直接印刷するのではなく、ブランケット銅という中間転写体に転写させた後、紙などの被印刷体に印刷するという印刷手法で す。版画のように逆像でブランケットを作りますが、版画と違って、印版を触っても凹凸感はありません。いわゆる平版で印刷しますので、平版オフセット印刷 とも呼ばれています。
印刷の手順はまず印版に印刷物を焼き付けます。その後、水をつけます。この時、印版の表面はどのようになっているのでしょうか。画線部は平らで、水をはじく性質を持っているので、印刷される部分には水分が残りません。
対する非画線部には非常に細かい凹凸があり、水滴が残ります。次にインキをのせていきます。その時に非画線部は水と反応してインキが乗らず、その印 版の画線部のみに付着したインキをオフセッティング(ブランケット銅に転写する)することで、印刷準備が整います。後は印刷用紙をブランケットと圧胴の間 を通過させることによって印刷されます。

  オフセット印刷

 

■オフセット印刷とシルク印刷の違い
シルク印刷とは版材に絹の布を使った印刷方法です。まずシルクスクリーンという刷版を作成します。四角い枠の中に網目状のスクリーンが張ってあるの ですが、非画線部には特殊な加工を施し、インクを通さない薬品で覆います。そして刷版の上にインクを乗せてからスキージというヘラでインクを孔の中に押 し込みます。
刷版の下には印刷用紙をセットしており、画線部のみインクが下に落ち、色が乗ります。シルク印刷はスクリーンの網目を細かくしすぎるとインクがその網目を通らないというデメリットがあります。

■オフセット印刷のメリット・デメリット
オフセット印刷は網点の調子再現性・解像度が高く、実際のイメージに近い印刷ができるというメリットがあり、現在の商業印刷では主流となっていま す。また弊社では写真が印刷できる、あらゆるもの(柔らかい物でも可 マウスパッド、クリアファイル、クリアホルダーなど )にも印刷できるという特徴があります。
大量印刷が可能という点もメリットの一つですが、1枚からの対応は難しいです。版が必要なため枚数が少ないと割高になる為です。即日での仕上げも厳しいですが、ある程度印刷物の量があれば最もおすすめの印刷方法です。